春じゃがを植える

1/26

今年は上の畑もあることだし、春じゃがを本格的に作るのだ!

20140126_105218

ということで、メークイン1kgとダンシャク2kg。メークインは個人的に作りやすいのだけどダンシャクのほうが料理に使いやすいし茹でただけでほくほくと美味しい。

1/28
芋は小さなものを除いて半分に切って干す。
灰はつけない。
20140128_124447

1/31   

20140131_142757
上の写真以外の場所も含めて、結構なスペースを芋に割いた。
他の作物を植える場所が残っているのだろうか??

今年はまさに売るほど出来るのではないだろうか。
去年はトイレットペーパー芯による茎の保護もあったのかネキリムシの被害を抑えることが出来た。今年はどうなるだろうか。

| | コメント (0)

行者にんにく大発生!

※農業素人が福岡で直感を頼りに北の野草を育てています  (前置き)

2/23


去年の秋終わりくらいだったか、500玉ほど仕入れた行者にんにくの球根、移動中に温まったからか、植えるときからすでにある程度芽が出ていたのだけど、その後福岡もしっかり寒くなった。
鉢のところどころから出ていた芽もなかなか伸びずに、大丈夫かなあと心配していたら、2月の出張から帰ってくると一気に芽が伸びていた。

概ね4 x 4 に球根を植えているのだけど、こんな感じにばらばらと出てきている。

20140223_111658

元気な芽もあれば
20140223_111642

早くに伸びすぎていたのか、とろけてしまっている芽もある。
20140223_113304

まず赤褐色の覆いで囲まれた芽が伸びてきて、
20140223_111617

その先が割れてから緑の葉が出てくる。
20140223_111626

3/2
20140302_105221
そしてしばらくすると沢山葉が伸びてきた!
500株全てが生存することはなさそうだけど、なかなか頼もしい眺めだ。
出荷をどのようにするか、どれだけを残すかとか、考えないといけないことは沢山あるが、ひとまずは安心した。
焼肉の付け合せにしたり、焼肉のたれにこの葉をすりつぶして混ぜたりすると結構美味しいのだ。楽しみである。

---------------------------------------
セルフPRです。是非ご覧ください。

自然のエネルギーでやかん一杯のぬくもりを!!
ぬくみねっと
http://nukumi.net

| | コメント (0)

夏みかん

3/4
借りている畑にはもとより生えているみかんの木が4本ほどあって、その1つは大量になるのだけどちょっと酸っぱめで自分はあまり食べなかった。ほとんど持ち帰らずに、結構な量を畑に埋めていた。
調べてみると夏みかんのようだ。

今年も大量に出来た。150個はあったのではないか。
去年から、多く出来た作物を近くの産直店に出荷するようになったので、この夏みかんも売れるのでは、と収穫。全部で写真のかご3個半くらいの量はあったと思う。
嫁はこの皮でマーマレードを作った。うちは米食メインだし余るんじゃないかと思っていたらイベント絡みであっという間にさばけたようだ。

20140304_094904

セルフCMです。
福岡の妙な夫婦がベランダでお湯作り中!

ぬくみねっと

| | コメント (0)

かつお菜

3/5
今年のかつお菜の記録をば。
1/9時点ではとても頼りないかつお菜。もやしのような状態から植えるとまあこんなものだろうか。季節野菜としては、すでに時期に入っているというのに。

20140109_111840

結構間引き分が出たのだけれど、ものが小さいから、食べた印象が残っていないのが残念。
20140109_112056

1/26
出張から帰ってきたらそれぞれ結構育っていてテンションが上がった!   
20140126_100654
いくつかの株が消えていたので跡を掘ってみるといまいましいネキリムシが。こんな季節にこんちくしょうめ!と駆除。
2/24
そしてさらに大きくなった。
それでも通常のかつお菜とは比べものにならないのだけど。
長さ10mm弱の葉をそのまま軽く茹でて、肉料理を載せ巻いて食べるという方法を嫁が編み出してくれた。これはかなり良い。両方の美味しさが引き立つ。

普通のかつお菜は硬くでとても出来ないし、キャベツはしっかり茹でないといけないし、小松菜だと小さすぎるし。
新しい可能性が生まれた!と小躍りした。かつお菜の栽培法として確立すべきではないだろうか。
20140224_102942  

3/4
さらに大きくなってきた。刻んで炒め物などに使う。
いくつかは出荷したものの、今市場には他の農家も大量に出しているのでタイミングが悪いと全く売れなさそうである。
20140304_104231
3月一杯で種取用を残してグッバイである。夏野菜の準備をしなければならない。

ちなみに普通のかつお菜(去年苗を買い育てたもの)は
008
こんな感じに大きくなる。苦味もそこそこあって使い道が難しかったなあ。

個人的には今年の作り方が柔らかくて苦さもほどよく使いやすい。

セルフCMです。
福岡の愉快な夫婦がベランダでお湯作り中!

ぬくみねっと

| | コメント (0)

土のPHチェック

1/26
そろそろじゃがいもを植えるので、今度は土のPHチェックを行った。

土のチェックは初めてなので、わくわくしていたのだが、

20140126_130151

土を採取して、水道水を注ぐと

20140126_130456
まるでカフェオレのような色。でも上澄みが欲しいのだ。
他の作業をして待ったが一向に分離してくれない。粒子が細かすぎなのだろうか。
テスト用の試験管に入れても泥の色で参考にならない。
1/27

20140127_161113
一日置いてみたら、ちょっとだけ分離してくれた。
20140127_161351
上澄み、というほど澄んでないなあ。
20140127_161614
試験液を入れて振ると、若干緑色っぽくなった。元から茶色いので実際はPH6.5
程度だろうか。水道水も6.5程度なので土も弱酸性~中性といった感じだ。

じゃがいもは土が若干酸性で問題ないようなので、今回は苦土石灰は撒かずに土作りをしようと思う。

| | コメント (0)

菌床しいたけ

12/24

畑においていた原木しいたけが、水をこまめにやってみたらもさっと生えてきて久々の収穫になった。
ということで嫁にしいたけ栽培ブームがきたらしく、気付くと菌床栽培セットが寝室に鎮座していたのだ。

一度ドッスンと床に落として衝撃を与えてから、十分な水分を与えると良く育つらしい。

20131224_214745

20131225_085203

ほう。正月に向けていい材料が入手できたのではないかな。

| | コメント (0)

秋じゃがの収穫

12/16

畑にアナグマが侵入するようになって2週間くらい。いろんな所がボコボコになった。

それだけミミズなどが育っていたということであろうが、ニンジンやダイコンの畑が掘り返されて一部だめになってしまったのはとても痛いし、ミミズだって我が畑の仲間である。

20131216_140702


アナグマが作物自体を食べることはないのだけど、1株分のジャガイモがその掘り返しで「収穫」されてしまったのには大いに憤慨した。
20131216_140635
740gだって。結構な量じゃないか。

20131216_163049

これではアカン、と一念発起して小動物用のネットを張り巡らせた。畑の1辺は生垣になっているので、それ以外をぐるりと囲むと、50mの網で5m程度余ったので、1辺役15mか。
上の畑は15*15m=225m2=68.2坪、2.27畝と、今更であるが計算できた。
下の畑を加えると約3畝。

12/23

20131223_132207

短期間の出張から帰って、早速残りを掘る。
株の育ちもまちまちで、頼りない株からは1~2個、しっかりした株からは3~4個+小さい芋といった感じである。秋でもそれなりに収穫できたのは有難い。

芋が1個100gとして種芋が1kg、

総収穫kg=5kg、収率は5倍 1株あたり500g

春のメークインの1株約1.2kgには程遠いが、きたあかりの669gとはそれほど離れていない。育つ株はそれなりに育ったので、もっと多めに植えて間引く作戦をとると良いのかもしれない。

2年やって、いろんな失敗をしながらも多少は知恵が付いたような気がする。
とはいえこの畑での初年度なので逆にやりたい放題にしていた。
連作障害や肥料の多寡を想定したスケジューリングはこれからのテーマになるだろう。
御節が切れるころにちょっと頭をひねってみよう。

数日後
アナグマの目だった被害はなくなったが、どうも小動物が進入したような気配はするので、ジャガイモを掘った後の土を均しておいた。そして1~2日後に見ると、かわいい肉球の足跡が。まあ猫は入るよなあ。昔からこの畑あたりを遊び場にしていた彼らなので大目に見ることにしよう。

| | コメント (0)

かつお菜 植え替え

12/1

20131201_152721
防虫カバー内で育てていたかつお菜の苗は、あまり育ちが良くなかった。
このままでは正月の雑煮に間に合わないのでえいやっと畑に植え替えた。

昨年は3株、今年は数十株。人に売ったりあげたりしても間に合わないくらいある。
おいしい食べ方を開発せねば。高菜の仲間だから高菜漬けのようなものを作れたりするのだろうか?

| | コメント (0)

じゃがいも

11/27

20131127_113047
畑に行くといろんなところが小動物に掘り返されていた。
秋じゃがの根元も掘られて、いもが1個転がっていた。一足お先に収穫されてしまった。。とはいえいもは小動物のお気に入りではない様子。他のところも野菜の部分を避けてやわらかい土の部分が穿り返されている。

どうやら近くの畑でも被害があった様子。その話だと、犯人はアナグマらしい。
ミミズでも食べようとしていたのだろうか。
直接作物を食べるのではないけど迷惑ではある。どうやって対処しようか。

11/29

20131129_125047

結構前に収穫して保管していた春じゃが、多くは食べてしまったが、一部残っていたものを放っておいたら盛大に芽吹いていた。もったいない、ポテトコロッケでも作って保管しておこうと思っていた矢先である。サツマイモの収穫などで多忙だったので仕方はないが。
被害が少ない部分は食したが、あとは堆肥コーナー行きとなった。

| | コメント (0)

さつまいもフィニッシュ

11/22

最後のさつまいも 鳴門金時を収穫。

20131122_170112_2

20131122_172313_2

20131122_173012_2


最終的には、
鳴門金時 合計15.99kg

紅あずま 合計14.21kg

の収穫。親戚知人へのおすそ分けと一部販売をしつつ、まだ結構残っている。のんびり食べていくとしよう。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧