今年の環境教育活動

ここ数年環境教育活動をご一緒させていただいている方が
大きな手術をすることになった。
自分に出来ることもそうなさそうなので、
宮地嶽神社のお守りを送った。

012


今年はこの手の活動は縮小せざるを得ないのか??
いや、ベクトルを変えて考えてみよう。

| | コメント (0)

ソーラー紙工作in宗像

今年も宗像の清掃工場(エコパーク宗像)でソーラー紙工作教室を行ないました。
いつものごとく宗像の大谷さんとご家族、またお近くの方との協力で準備し開催にこぎつけました。


8/19、今回参加してくれた31名の子供たちには、まずは室内で紙ソーラーカーを組み立ててもらいました。前年よりは洗練されたキットになっているのですが、やはり慣れない組立てに皆悪戦苦闘していました。


007
駐車場を借りてコースを作り、ソーラーカーが上の写真中央のゴールに入ると、複数のゴールそれぞれに用意された景品(エコグッズなど)がもらえます。
006
天気も良く、一生懸命作ったソーラーカーは良く走ります。手作りなので真っ直ぐ走らずにぐるぐると回ったりもしますが、そこがまた楽しいところです。
前回にも増して皆楽しんでくれたようで幸いです。31名分黙々と下ごしらえをしたのは大変でしたが随分と報われたような気がします。
将来のエネルギー関連エンジニア、エネルギー関連イノベータがこれを機にあわられてくれるといいですね。それが究極の目標です。




004

今回、発電表示装置を自作しました。高さ4インチの大型LED表示を用い、住宅用153Wの大きな太陽電池からの発電電力をリアルタイムに表示します。また充電装置、LED表示回路などフルカスタムです!
これも来年くらいには提供できるようにしたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DCファン ACファン

先日導入したDCファンとこれまでのACファンを活用しています。
DCファンも、ちょっと癖があるということがわかりました。

・おそらくはブラシレスでないDCモータを使用
 AC電源のファンに比べると動作時の音は気になります。DCモーターは構造上、回転部分と固定部分の間の電気導通のためにブラシを使った接触部分があります。
このブラシが接触対象とこすれる音なのでしょうね。
ブラシレスDCモータといってブラシを使わず静粛性の高いモータもあるようですが、今回のものは静かな環境で使うことを想定していないので(車中オンリー)、ブラシレスは不採用なのでしょう。

・思ったよりも風が強い
 24V系のものを12Vで使っているからそよ風を楽しむくらいと考えていたらとんでもなかったです。より消費電力の大きいACファンよりも風が強い時間帯があり、結構体から離しておかないと冷えがきそうです。

これらは使い慣れれば問題ないレベルかもしれません。しかし
・構造が脆そう
気になって仕方ありません。風車スタンドを早々に作らないといけませんね。



音のことを考えるとDCがベストとも言い切れないですね。AC電力は回転を行なうモーターとの相性は良好でブラシももとより不要です。
この辺りをつきつめると、もっと素敵なソーラー扇風機を作れそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電気代無料でひと夏涼む秘策!

電気代を払わず、ひと夏を涼しく!
出来るところからトライしていきたいですね。
エコ家電もいいけど、エコ家電を多用するのはそれほどエコでもありません。

大型テレビを購入するとエコポイントを沢山もらえるというインチキがまかり通る世の中だけど、(もとより景気対策なんだろうけど)騙されないで身に足る物を賢く選び、控えめに使うといいでしょう。


さて、一昨年はAC100Vミニ扇風機の間欠使用、昨年は5VUSBファンでひと夏を過ごしました。これはこれで良いのですが、今年はまた違った視点でやってみたいと思っておりました。

で、近くのホームセンターに。車用のDCファンを今年は試してみようと思い売り場に行くと、12V用ファンと24Vファンが、DC電源に繋がれて試しに稼動してあったのですが、どうみても同じ一つの12V電源に接続されています。
ああ、コネクタと極性は12Vも24Vも同じなんだな、と偶然ですが確認できました。24V用電源を別途用意せずに12V電源を使用したものと思われますが、24Vファンは明らかに風の強さが落ちているもののやわらかく、比較的静かに回っています。
これはデスクトップでの利用にとても良さそうです。

ホームセンターの手抜きが思わぬ発見を導いてくれました。簡単なことでも購入して確認となると気が引けるものです。

ということで購入してきました。
005

中を見るとDCケーブルはモーターに直結されていて、他に電気部品は見当たりません。

003


さて、この24V DCファンを12V系太陽電池(48W品)に直結してみました。光の強さに応じてファンの回転が増減しているのがわかります。ファンの径も大きめで十分な風があります。

このDCファンとソーラーパネルの組み合わせは結構優れていそうですよ。
理由としては、

(1)24V系のファンを12V系の太陽電池で使用しているので、やさしい風になる(一方で24Vで使用すると風量は大きいけど直接からだに当てると冷えすぎる)
(2)同様の理由で、音が静かに抑えられる。
(3)バッテリーが不要。コストも環境負荷もかなり抑えられる。バッテリーのヘタりを心配することもない
(4)暑い時間帯に風量が強く、涼しくなると(日が落ちると)回転が自動に止まる。
(5)消費電力は、購入した製品は24V0.5A定格(強風)、これを12V系で使う場合は簡単に考えると電力は落ちるものと思われる。
(6)恐らく太陽電池は20W程度のものでそこそこ働いてくれる
(7)モーターのみのシンプルな構造、また定格より低い電圧での使用のみなので磨耗、焼損などの不具合にはつながりにくいと思われる。

かなり利に適っていますね。これとよしず、朝顔(などのつる草)、打ち水、庇などを組み合わせるとかなり快適度は増すと思います。
光と熱をコントロールする昔の知恵は、やってみると相当の効果がありますので是非これも試してみてください。



DCファンについては、当然メーカの想定した使用法ではないので壊しても保証はきかないと思いますが、私はひと夏テストしてみようと思います。
この製品、首振り機能もついているためか、首部分がかなり華奢なのが気になります。といいますか、何らかの拍子に壊してしまう危険性大です。これも改善してみたいところですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チャーミングなベランダ発電

福岡市のピアノの先生のところのシステムをお手伝い。
パネルは30W程度なのですが、

唐津のソーラーの達人Iさんと協力してこだわって作ってみました。
Pv1
Pv2
夕方になってしまったので残念な写りですが、木製架台と丸いセルがチャーミングです。
Batbox
Iさん特製のバッテリーボックス兼充電装置です。過充電防止の制御は一般的のものと異なる方式を採用しています。
St340011
アースノート製電圧表示器 このタイプの第一号となりました。視認性がなかなか良好で自分でも気に入っています。
Lignt2
直流蛍光灯と
Radio
ラジオ用の電源として発電した電力が使われます。

今回のシステムでは、充電制御もアナログ、インバータ不使用ということで効率も高くノイズもごく僅かに抑えてあります。

小規模とはいえ毎日使う装置用の電源なので、ソーラー電源の意義はとてもありますね。バッテリー容量の上澄みを使う程度で納まるのでバッテリーも長持ちするでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

木の香りがする電池充電器

最近木の工作づいているのですが、ここらでアースノートらしさを出しておきたい!
ということで、
かなり昔作りかけておきながら適切な箱も無く活用できていなかった電池充電装置(秋月電子通商製キット)
S_002
を、またもやお気楽木工で生き返せます。
S_006
よし、出来上がり!
ソーラーはつでんキットたんぽぽによる電力で、単3ニッケル水素電池を2本充電するように調整しています。ナリは比較的大きいのですが、手づくり木工ならなんとなく許せてしまうのがいいですね。
長方形の断面を持つ木のバーを細かく切断して木工用ボンドて止め合せただけですが、とても気に入りました。

カンカン工房側にも記事を掲載しています。
http://kankan.air-nifty.com/blog/2009/03/15v018-e11c.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

盛況でした(紙ソーラーカー工作)

11/30宗像メイトムにて紙ソーラーカー工作。
いつもの大谷さんのお手伝いです。
天気はばっちりというわけではないけど、時折陽の光が差してなんとか形になりそう。ありがたい!

Mtm01
さて、工作は開始早々どーんと親子連れが来て、予定台数が殆ど一気にはけてしまいました。人数制限してゆっくりやるつもりでしたが目論見は外れましたね。しかし特にトラブルもなくうまく進行できた模様。良かった良かった!

上は既にひと段落した時の写真。最盛期には写真も取れる暇無し。本当は子供たちが外で走らせているところを見たかったのだけどね。

Mtm02

今回の車。なんという手作り感。でも自分で組むとなんと愛らしいことか。
晴れた日と曇った日の2段階のセッティングが出来る優れものにしています。
夏、太陽高度が高い時ならば爆速だと思いますよ。

さて今回、福岡県地球温暖化防止活動推進センターさんも一緒に工作教室を行っていたので、その時の教材の写真をば。全てエレキットさんのキット。

Mtm03
ソーラーかもめ。日があたると羽をパタパタ。窓際などに置いておくとチャーミングなのでは。
Mtm04 

ソーラーモンキー。ロープを綱渡りしていきます。それにしても小さなパネルで動くんだなあと感嘆。
これは入手したので構造を勉強させてもらおうかな、と思っています。

Mtm05 

ソーラーロープウェイ。放っておくと綱を渡した棒の間を往復するらしい。作りが細かい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソーラーキット提供開始!

Tmp001_2 Tmp002

ソーラーキットの提供を開始しました!

http://www.earthnaut.com

これまで自分でさんざん楽しんできたものを、どなたにも使いやすいようにまとめたものになっています。

経緯などはカンカン工房のほうでそのうち紹介します。
この数ヶ月でのめぐり合いとか出来事はとても有り難く楽しいものでした。
皆様に感謝!

そしてこれからも愉しみながら、良い花をさかせましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソーラーキットと新ブログ始めました!

NPOたんぽぽとりでさんと、誰でも始められ、そして深くのんびりと楽しめるソーラーキットを企画しました。

現在試験販売を開始しています。以下のブログで順次情報を公開していこうと考えております!
カンカン工房

http://kankan.air-nifty.com/blog/

加えて、ノート一枚分の小型ソーラーパネルで発電した電力でいろんな工作をやっていこうというコンテンツも、カンカン工房にて開始します。
私安田が身を挺して、いろんな楽しく、ちょっぴり無謀なことに挑戦していく内容になると思います!

こちらのブログはそれ以外の時事ネタや告知などにこれまで通り使っていきます。
両ブログを宜しくお願い致します!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソーラーカー紙工作教室について

この間ブログにも書きましたソーラーカー紙工作を、宗像のEcoパークにて楽しんでもらうことになりました。

8/26(火) 午後10時~12時
福岡県宗像市 Ecoパーク宗像(清掃工場)
小学校中高学年対象
参加無料(ソーラーカーは現地で走らせて楽しんでもうらうことになります)

あと数名は参加できるかもしれません。お近くの方は

taiyoあっとearthnaut.com  (あっとを@に変えてメールしてください)

にご連絡いただければ調整してみます。

あと、ボランティアでお手伝いいただいたり、見学されたい方がおられましたら立ち会えるように調整できるかもしれません。

また、メインページ
http://www.earthnaut.com

にその紙工作についての作り方レシピと型紙を掲載しましたので是非子供さんと楽しんでください。小学校中~高学年が対象です。
大人の方も結構楽しめますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)