バイオマスと東京出張

5/30

20130530_105310

バイオマスの展示会見学に出かけた。

最近東京出張が多い。

バイオマスは材料となる植物他有機資源の確保、材料の改質、エネルギーの取得、副生成物の処理または活用など考えるべき要素が多いので、太陽光発電ほどシンプルな事業対象とはならない。そのかわり地域の特色に合ったものがうまく嵌ればとてもメリットがある事業となる。これまで有償で処分していた有機廃棄物が宝の山となる。山の未活用木材が活き、広大な未活用地が燃料工場に変わる。

20130530_191914
展示会が終わり、巣鴨にやつめうなぎを食べに行ったが店が閉まっていた。ということで

20130530_192413

とげぬき地蔵の洗い観音様に水を掛けてお祈り。

夜遅めに古い友人2人と神田の居酒屋で飲み。大学サークルの仲間も親としていろいろと頑張っていたりする。仕事や景気に翻弄されてもいる。彼らからすると自分は結構気楽なものだ。

| | コメント (0)

表示装置

ハイブリッド発電装置用表示装置についての作成依頼があった。

過去に東芝が製造していた7セグLED専用ドライバICが受注生産でほぼ世に出回っていない状態だったので1日かけて新たに別のICを探す。なんとか代替できそうなものを探し、動作させると案外うまくいった。ほとんど時間の余裕のない作業なのでとても助かった。

010

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソーラー紙工作in宗像

今年も宗像の清掃工場(エコパーク宗像)でソーラー紙工作教室を行ないました。
いつものごとく宗像の大谷さんとご家族、またお近くの方との協力で準備し開催にこぎつけました。


8/19、今回参加してくれた31名の子供たちには、まずは室内で紙ソーラーカーを組み立ててもらいました。前年よりは洗練されたキットになっているのですが、やはり慣れない組立てに皆悪戦苦闘していました。


007
駐車場を借りてコースを作り、ソーラーカーが上の写真中央のゴールに入ると、複数のゴールそれぞれに用意された景品(エコグッズなど)がもらえます。
006
天気も良く、一生懸命作ったソーラーカーは良く走ります。手作りなので真っ直ぐ走らずにぐるぐると回ったりもしますが、そこがまた楽しいところです。
前回にも増して皆楽しんでくれたようで幸いです。31名分黙々と下ごしらえをしたのは大変でしたが随分と報われたような気がします。
将来のエネルギー関連エンジニア、エネルギー関連イノベータがこれを機にあわられてくれるといいですね。それが究極の目標です。




004

今回、発電表示装置を自作しました。高さ4インチの大型LED表示を用い、住宅用153Wの大きな太陽電池からの発電電力をリアルタイムに表示します。また充電装置、LED表示回路などフルカスタムです!
これも来年くらいには提供できるようにしたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

環境教育グッズもろもろを開発中

天候はスカッとしませんが暑さは戻ってきたかもしれませんね。

7月は時間が出来たのでひたすらに開発をやっておりました。いくつか並列でやっていたのですが、
一つは以前大好評を得た手回し発電体験教材の標準化です。


012

これは、去年自分で試作していた時は「これで喜んでくれるのかいな?」と自分でも半身半疑でいたものが好評を得た特殊な例ですね。
もう半田付け地獄は味わいたくないので基板を作りました。
秋くらいには一通り完成するかな?
自分の活動で使うためですが、教育関係の方や業者さんへの販売も行ないます。

それと、今年も紙ソーラーカーキットの工作教室を宗像で行なうのですが、今年の車も良い感じですよ。狭い日本にぴったりののんびり走るタイプにしていますが、その代わり緩傾斜の坂を上るくらい根性のある物に仕上がっています。年々良いものになってきています。来年もぐっと良くなる予定ですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本人にはどれだけの広さの田んぼが必要か

昨日仲良くさせて頂いてます植本さんが開催されている住まい作りのセミナーに参加しました。
初回ということで、人間にとっては住まいとは?日本人にとって住まいとは?という原点から考えていく内容でとても興味深いものでした。

あいまいになっている事を基本に立ち返って考えていくというのはいいですね。そういうステップを経れば、その人の一生にとても大事な家を単に「買う」のではなくて、人にも家にもプラスになるように「作る」ことが出来るのではないかと思います。


さて、この間農家の方のお手伝いをしていた時に思いつき気になっていたことがあったのです。日本人はどれだけの田んぼがあれば、1年間分の米を得ることが出来るのでしょうか?

さて、私は一日飯茶碗4杯程度の米を食べます。朝昼1杯、夜1.5杯、夜食0.5杯といった感じでしょうか。
この茶碗一杯には、およそ1500粒の飯粒が入っているそうです。
そうすると、一年間の飯物は
1500x4x365=2,190,000    219万粒です。

さて、この米を育てる田んぼですが、その栽培法によってもいろいろと差が出ると思いますが、稲を植えるときの1株が7本程度、一坪70株が植わるとします。
そうすると、
7x70=490      1坪に490株が植わっています。

1本の苗からはその1000倍の米が取れるといいますので、
これから何坪あれば1年間分の米がとれるか計算してみます。
2190000÷1000÷490 =4.47  4.47坪の田んぼがあればいいことになります。

1坪は約3.3m2ですので、平方メートルに直すと14.8m2の面積と求められます。
この面積ですが、3.844mx3.844mの大きさ、ワンルームのアパート(18m2程度)、サッカーのゴール(1.79m2程度)より少し狭いくらいです。

それだけの広さで年間の主食が取れるというのは少し驚きです。逆に言うと、自分が食べる主食を確保するならば、サッカーゴール程度の米を作ればいいのです。

近年津屋崎近くでも田んぼの宅地化が進んでいます。私が津屋崎に来る切っ掛けになった辺鄙で気持ちいい風景も少しずつ切り取られて廃れていきます。

もしあなたがお近くで田んぼが埋められる様を見ることがあったら、、私たち日本の人々の何人分の食料がそれで減ったかを想像してみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

津屋崎ツアー 4/12 楽しみました。

先のエントリーでご紹介しました津屋崎ツアー、予定通り4/12(日)に行ないました。
参加者は10名と、にぎわいドォーットコムさんから4名。

09041701
にぎわいドォーットコムさんの座敷にていろいろと津屋崎、宮地嶽神社参道についていろいろと伺いました。メンバーからも自己紹介をし、気づいた点について議論しました。

09041702
さて、宮地嶽神社の参道より階段を上り、海を眺めると、真っ直ぐ海まで道が続いています。皆さん感嘆の声。これは貴重ですよね。
この参道を真っ直ぐ延長した方向に日が沈む日があります!
見に来るにも、写真に撮るにも最高だと思いますよ。是非チェックしてみてください。確か11月とか言っていました。

09041703
神社内を見て回ります。日本一の太鼓とか日本一の鈴とか、日本一の注連縄とか、結構興味深いものが沢山ありますね。
神社のさらに奥には、古墳の石室を神社に改修したという珍しい宮があったりします。

09041704
ソメイヨシノは殆ど散っていましたが、その代わり新緑鮮やか、日差しもちょっと強いくらいでした。楽しい宴会の後、写真に気づいたらこの有様。気持ちよさそうだな。

09041705

今回は私が2台ほど取り寄せたソーラークッカーを使ってみました。
冷凍肉饅頭はしっかり解凍でき温まり、お湯も結構熱くなりました。天気が抜群だったということもありますが、これは使える!
参加者も近くで遊んでいた子供たちも興味津々でした。


その後、建築家Uさんお奨めの絶景ポイントから綺麗な海を鑑賞、近くの干潟でアサリを採ったりと、春の一日をたっぷり満喫しました。


津屋崎に親しんでもらうという目的は結構達成できたかもしれませんね。私自身にとっても大きな収穫がありました。これからもこの調子で遊んで、学んで、多くの方に伝えていけたらと思います。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

独立電源システム

中々更新できなかったのですが、その一つの理由です。
福岡市内 某邸の離れの独立電源の工事をお手伝い致しておりました。
新築の建物で使用する照明、換気他の電力を自然エネルギーのみで賄います。


09021201

架台は離れの設計士さんが設計されたものです。太陽電池の裏には雨水タンクとしてワイン樽を搭載してあります。風、光、水が一体化した面白いデザインですね。
風車は定格72Wの英国製。住宅地に適した品です。今回の場所は風は抜けるものの
建物にも近く、発電電力は望めないのですが、自然エネルギーのシンボルとして、風向が良い時に廻ってくれればと思います。

太陽電池は153W 2枚。照明の使用時間は1.5時間程度と限られているのでこの程度でも十分な電力が得られます。

09021205
ハイブリッド用表示器を新たに開発しました。壁土と近い色で落ち着いた感じです。
風力発電、太陽電池の発電電力、バッテリー電圧、瞬間最大電力、累計電力量などいろいろな情報を表示します。データの蓄積、読み出しも出来るようにしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソーラーキットと新ブログ始めました!

NPOたんぽぽとりでさんと、誰でも始められ、そして深くのんびりと楽しめるソーラーキットを企画しました。

現在試験販売を開始しています。以下のブログで順次情報を公開していこうと考えております!
カンカン工房

http://kankan.air-nifty.com/blog/

加えて、ノート一枚分の小型ソーラーパネルで発電した電力でいろんな工作をやっていこうというコンテンツも、カンカン工房にて開始します。
私安田が身を挺して、いろんな楽しく、ちょっぴり無謀なことに挑戦していく内容になると思います!

こちらのブログはそれ以外の時事ネタや告知などにこれまで通り使っていきます。
両ブログを宜しくお願い致します!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名古屋

出張中です。
大きめの太陽光発電のお手伝いなのですが、依頼元さんが、仕事の合間を縫って名古屋で開催中の環境関連展示会に連れていってくれました。
Nagoyaex01
風車関連で目新しいといえばダクト付き風車かな。九州の展示会で見る機会があまりない、というだけかもしれませんが。
あとは2種類ほど屋内に展示がありました。突風で軸が曲がる可能性がかなり高そうな風車も有りましたけど、うーん、大丈夫かなあ?

水車関連は2展示ほど。でも探しているのとはちょっと違うかもしれない。やはり海外で探してくるべきか?

太陽光発電関連では目に新しいものは有りませんでした。海外のメーカが出展するような展示会くらいでないと面白いものは見れないかもしれない。

それはそうと、今年は照明関連が結構参考になりました。
Nagoyaex02
集魚灯に使えるくらい強力なLED灯、これで72W。かなり強力でした。
似た構造のものが新規のローソン店舗に採用されているようですね。
Nagoyaex03
従来の蛍光灯の置き換えとして使う直管型のLED照明も多く展示されていました。思ったより通常照明として使えそうです。

いくつかの種類の照明は今年中に試してみようかなと考えています。
自分の家やオフィスに取り入れたい方がおられましたらお手伝いしますよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホンダ

昨日のガソリンスタンドの盛況ぶりと、今日のガソリンの高額さに苦笑しました。
一日違いで、人によっては1000円以上もガソリンコストが違ってくるならば、確かにこうなるのでしょうね。

ここ数日は遥か彼方の土地にてお仕事中。ここも車無しでは生活出来ない土地なんですよね。
私用での車利用を削減中なのですが、ここにきて思いがけなく車を使う羽目に。
ホンダのハイブリッドカーを少し借りたのですが、なにやら良く出来すぎていて車に使われている気がしないでもない。
通勤で結構使われる方の車ですが、10日に1回程度の給油でOKということです。ハイブリッドなりの利点はあるみたいですね。
何だか昔乗っていたホンダのバイクを思い出しました。ある程度速度を出しておけば、両手を離してもかなりまっすぐ走ってくれる、カッチリつくられた設計、このあたりがホンダらしい。その後にヤマハのバイクに乗り換えたら結構左右に振れ易くて笑いました。それも味といえるのがバイクの世界でしょうけどね。

そうえいば、ホンダといえばこの記事を注目すべきでしょう。
植物廃材でのエタノール生成
http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20080430AT1D2502A29042008.html
個人的には、シルバー世代の方の草刈りや、松林での松葉かき、川辺での葦刈りが燃料生産に繋がってその方の収入になるような、そういう風景が見れると嬉しいのですけど。
または稲わらなどが農家の方の副収入になって、農業が見直されるというのもいいかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)