« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013 御礼

2013年
私にご指導、ご鞭撻賜りました先輩方
ご用命いただきました皆様
お力賜りました皆様
また、私を支えて頂きました家族・親族・友人の皆様に
感謝申し上げます。

今年もあと僅かとなりました。
よい大晦日をお過ごしください。

それでは、畑に雑煮用のかつお菜を取りに参ります。

2013/12/31

安田

| | コメント (0)

今年の仕事

12/31

20131230_084511
(昨日、宗像道の駅は正月用の買い物客で大混雑した)


さて、今年もあと12時間となった。
まだ1年の700分の1も残っているので、無駄にはできない。
ということでブログ記事を数回分エイヤっとこしらえている。

今年は去年からの流れのまま1年が過ぎたという感がする。
産業用太陽光の仕事はとても多く、住宅用太陽光は知人向けメイン、
独立電源についてはグリーン電力基金補助が無い今ウェイトが小さくなっている。

このあたりはこれまでの経験で仕事ができる範囲だし、営業を必要としない仕事だった。これが多かったので受動的に仕事をしているようにも感じるのだろう。
新しく交流の場を広げることもできなかったので、寂しい感もある。

とはいえ停滞の一年ではなかった。
昨年から研究開始した熱関連は1年間の自宅使用を経て、面白く使えることが解ったので来年対外提案を本格的に始める。関連アイテムも鋭意開発中だし、友人がWEB関連を手伝ってくれるようだ。
バイオマスの勉強も開始した。

来年は汗と恥をかける一年にできればと思う。夏か冬か、またその両方か、エコ関連の展示会出展を企てている。

| | コメント (0)

菌床しいたけ

12/24

畑においていた原木しいたけが、水をこまめにやってみたらもさっと生えてきて久々の収穫になった。
ということで嫁にしいたけ栽培ブームがきたらしく、気付くと菌床栽培セットが寝室に鎮座していたのだ。

一度ドッスンと床に落として衝撃を与えてから、十分な水分を与えると良く育つらしい。

20131224_214745

20131225_085203

ほう。正月に向けていい材料が入手できたのではないかな。

| | コメント (0)

もちつき

12/29

いつもの「ひふみ」で年末恒例の餅つきをやるということでお邪魔した。餅がある程度できていて、皆に振舞われるタイミングに行くと食べるだけで楽かなあ。と思っていたのに、誤って早めに到着してしまい、玄米の餅つきを手伝う羽目になった。なんてね。

20131229_110827

さつまいもをダッチオーブンで焼くための煙突型ストーブ。これは簡単にできそうなのでそのうち真似してみたい。出来上がった芋はとてもおいしかった。

20131229_120323
段々のせいろを下から蒸し、下の段から取ってついていくのだ。


20131229_111514
最初に杵の頭でこねていく。ここで出来上がりが大きく左右されるので、体重をかけて念入りに粒を潰していく。

20131229_111558
軽く数セットつき、仕上げには大きく振りかぶり力一杯つく。玄米餅はかなり粘り、打つよりも粘る杵を引き上げるところに体力を使う。

玄米をあらかたつき終わり、午後は白米の餅のようだ。
雑煮の振る舞いもあるようだったが、部屋の掃除も進んでないので残念ながら引き上げることにした。

| | コメント (0)

寒風とお好み焼き

12/20

20131220_165442

短い関西出張の戻りしなである。
新大阪駅周囲は憩える場所がないので一旦大阪駅まで地下鉄に乗り、飯屋を求めて寒風のなかをさまよえる九州人が一人。

寒い中大きな行列が出来ている。見ると年末ジャンボの販売店である。
宝くじは1回しか買ったことがない。宝くじの購入の多寡に関わらず、テクニックの介在できない確率の世界で(まあ連番を買うことには多少の意味はあるだろうが)、経験をつむことに特に意味もないだろう。
ドラッグストアで抽選券を集めてのくじは毎回楽しんでいるので、まあ高額当選への期待がもたらす一瞬の精神的快楽というのはよーく解るのだ。あとは話のタネにもなるし。

ようやくアーケード街らしき入り口が見えたので入ってみる。余所者には大阪=たこ焼き、お好み焼きというイメージがあったりするが、それらを酒のあてには出来ないよな。
ということでそのアーケードにはくしかつの店がずらりと並んでいた。
これも大好物なのだけど実は2~3日前に食べてきたばっかりである。
ということでたまたま目についたお好み焼き屋に。

20131220_171811


昔々梅田花月の地下で食べたときはカウンターの向こう側に焼き手が数人ずらっと並んでいてがんがん焼いていたのに驚いた。
滋賀の定宿の近くでは1箇所の鉄板でお好み焼きや焼きそばなどを一人の職人が焼いていて、各テーブルには完成品を持ってくる形だ。しかし注文してから30分はかかるように思う。その間単品の注文をたくさんしてください、というスタイルなのだろうな。

ここでは各テーブルに店の人が時々来て焼いたりひっくり返したりしてくれる。いろんなスタイルがあるのが面白いところである。

さて肝心の味は、焼く時に上からぎゅっと押さえることもせずふわっとした仕上がりになっており、なかなかのものである。
一方で、自分には学生の自分より刷り込まれた「香ばしさ」への欲求があり、その意味ではどこでお好み焼きを食べてももやもやしてしまう。うーん、焼き麺が芳しい広島焼きで食べたい、と。

店を出てすぐの店でみたらし団子を買ってアーケード内を駅方面に向かうと、出入り口に曽根崎お初天神通り、とあった。次回はくしかつで一杯、だな。

| | コメント (0)

秋じゃがの収穫

12/16

畑にアナグマが侵入するようになって2週間くらい。いろんな所がボコボコになった。

それだけミミズなどが育っていたということであろうが、ニンジンやダイコンの畑が掘り返されて一部だめになってしまったのはとても痛いし、ミミズだって我が畑の仲間である。

20131216_140702


アナグマが作物自体を食べることはないのだけど、1株分のジャガイモがその掘り返しで「収穫」されてしまったのには大いに憤慨した。
20131216_140635
740gだって。結構な量じゃないか。

20131216_163049

これではアカン、と一念発起して小動物用のネットを張り巡らせた。畑の1辺は生垣になっているので、それ以外をぐるりと囲むと、50mの網で5m程度余ったので、1辺役15mか。
上の畑は15*15m=225m2=68.2坪、2.27畝と、今更であるが計算できた。
下の畑を加えると約3畝。

12/23

20131223_132207

短期間の出張から帰って、早速残りを掘る。
株の育ちもまちまちで、頼りない株からは1~2個、しっかりした株からは3~4個+小さい芋といった感じである。秋でもそれなりに収穫できたのは有難い。

芋が1個100gとして種芋が1kg、

総収穫kg=5kg、収率は5倍 1株あたり500g

春のメークインの1株約1.2kgには程遠いが、きたあかりの669gとはそれほど離れていない。育つ株はそれなりに育ったので、もっと多めに植えて間引く作戦をとると良いのかもしれない。

2年やって、いろんな失敗をしながらも多少は知恵が付いたような気がする。
とはいえこの畑での初年度なので逆にやりたい放題にしていた。
連作障害や肥料の多寡を想定したスケジューリングはこれからのテーマになるだろう。
御節が切れるころにちょっと頭をひねってみよう。

数日後
アナグマの目だった被害はなくなったが、どうも小動物が進入したような気配はするので、ジャガイモを掘った後の土を均しておいた。そして1~2日後に見ると、かわいい肉球の足跡が。まあ猫は入るよなあ。昔からこの畑あたりを遊び場にしていた彼らなので大目に見ることにしよう。

| | コメント (0)

12/15

20131215_123942

学校で所属していたサークルが記念の演奏会を行うということで、アクロス福岡のシンフォニーホールに。窓からは、この建物の特徴である階段状の植林を内側から眺めることが出来る。

20131215_124218
演奏中は撮影できないので、後輩の練習風景を撮ってみた。
三階席まであるし、それなりの広さがあってなかなか良さげなホールだ。

自分といえば、歌うのは好きだけど寄り合いが病的なほど苦手というジレンマに苛まれながらのサークル生活であった。

そういうほろ苦さを思い出しながらも、一方で後輩はなかなか健気で可愛いものである。
全国大会での成績もそれなりに出せるようになったらしく、人数も自分の時代の2倍は居る。そこはとても頼もしい。

OBステージでは現役に混じって、気持ちよく響くホールに声を放った。次は何年後に歌うのだろうか。

| | コメント (0)

しめ縄その2

12/14

宮地嶽神社のしめなわ作りの体験ということで、全2回の前回は主に話を聞いて、今回はついに締め込みと取り付けを行うクライマックスである。

001
赤い手ぬぐいを巻いている関係者に、白い手ぬぐいを巻いた数人の俺たち素人が混じる。

まずは2つの縄パーツを40名ほどで境内に持っていくのだが、結構一人にかかる重量が大きかった。20~30kgを抱えている感覚だろうか。背中を変に痛めつつ2本をなんとか運びきった。

013

しめ縄のない貴重な神社本殿。

016
日本の縄を持ち上げては交差させていく。

025
ずいぶん形になってきた。解け防止の竹を差込み、ロープで繋いでいる。昔から受け継がれているノウハウなのだろう。

031


クレーンのついたトラックと、ごついフォークリフトで本殿に吊り上げるようだ。
残念ながらここで自分はタイムアップ。明日の催しの練習に行かねばならなかった。

同行した嫁が最後まで立ち会った。取り付けの調整などで自分が去った後4時間はかかって寒い思いをしたらしい。ともあれ貴重な体験を出来た。

 

| | コメント (0)

H様邸太陽光発電開始?

12/9

Hさん邸、 太陽光発電工事が数日前に終わり、電力会社のメータの交換がこの日終わったので発電開始の作業。

002
相変わらず太陽電池は下からほぼ見えないのでリフォームした壁面など。壁面は丁寧に何度も塗り、痛んでいたバルコニーも修復された。

さて肝心の発電だが、雨こそないもののひどい曇天で、

034_2
発電、売電、買電すべてゼロってどういうことだ?工事間違いか?

接続はきちんと確認したのでそんなことはない、と外のメーターを見たら買電、売電がほとんど動いていない。屋内ではLED照明を少し使って、冷蔵庫もアイドル状態。
ということでごくわずかな発電と電力使用が完全に拮抗していたらしい。
その後雲が移動して少しだけ明るくなったら300W程度は発電したし、電子レンジを試しに使えば電気を買う表示になったしで一安心した。

後で天気の良い日の発電状況を聞いておかないと。

| | コメント (0)

かつお菜 植え替え

12/1

20131201_152721
防虫カバー内で育てていたかつお菜の苗は、あまり育ちが良くなかった。
このままでは正月の雑煮に間に合わないのでえいやっと畑に植え替えた。

昨年は3株、今年は数十株。人に売ったりあげたりしても間に合わないくらいある。
おいしい食べ方を開発せねば。高菜の仲間だから高菜漬けのようなものを作れたりするのだろうか?

| | コメント (0)

母校

11/30

母校在校時に所属していたサークルの関係で、移転後の母校に初めて赴いた。

20131130_120758
まだいろんな所が工事中である。休日ということもあるけど殺風景だな。今の所母校との関わりはないけれど、なんらかの仕事で関われたら面白いだろうな。

20131130_122023_2
学食もやたら綺麗だ。調理はIHになって火力が足りないと聞いたこともあるが。

20131130_125744_2
おお、若いねえ。近年団員がやたら増えたらしくうらやましいことだ。

| | コメント (0)

じゃがいも

11/27

20131127_113047
畑に行くといろんなところが小動物に掘り返されていた。
秋じゃがの根元も掘られて、いもが1個転がっていた。一足お先に収穫されてしまった。。とはいえいもは小動物のお気に入りではない様子。他のところも野菜の部分を避けてやわらかい土の部分が穿り返されている。

どうやら近くの畑でも被害があった様子。その話だと、犯人はアナグマらしい。
ミミズでも食べようとしていたのだろうか。
直接作物を食べるのではないけど迷惑ではある。どうやって対処しようか。

11/29

20131129_125047

結構前に収穫して保管していた春じゃが、多くは食べてしまったが、一部残っていたものを放っておいたら盛大に芽吹いていた。もったいない、ポテトコロッケでも作って保管しておこうと思っていた矢先である。サツマイモの収穫などで多忙だったので仕方はないが。
被害が少ない部分は食したが、あとは堆肥コーナー行きとなった。

| | コメント (0)

皇帝ダリア

11/24

20131124_114719

20131124_114725

猛暑で大きく育たなかったり、株を切ったわきから短い株が生えたりで、今年は低い位置から花を眺めることが出来る。天気が良いとたくさんの蜂が群がってにぎやかである。

| | コメント (0)

大注連縄

11/23

宮地嶽神社の注連縄(しめなわ)は、過去は隔年で作り直されていたらしいが、最近は毎年になったようだ。年の初めにまっさらな注連縄を見るのは確かに気持ちいものだ。
この注連縄作りを体験できるイベントがあるということで参加した。

20131123_102905

全2回で、初回は宮司さんに話を聞くのがメイン。

20131123_110742

年1回くらいしか開放していない 奥の院の石室に特別に入ることが出来るという幸運もあった。石の規模は奈良の石舞台よりも大きいらしい。

20131123_113132
地元の有志が集い、藁で巨大な縄を作っている。12/14にはこの2本を人力で撚って注連縄に仕上げる。

20131123_113042
願いを書いた紙を注連縄に忍ばせてもらった。さぞやご利益があることだろう。

| | コメント (0)

さつまいもフィニッシュ

11/22

最後のさつまいも 鳴門金時を収穫。

20131122_170112_2

20131122_172313_2

20131122_173012_2


最終的には、
鳴門金時 合計15.99kg

紅あずま 合計14.21kg

の収穫。親戚知人へのおすそ分けと一部販売をしつつ、まだ結構残っている。のんびり食べていくとしよう。

| | コメント (0)

H様邸太陽光発電の工事

12/2

004

Hさん邸のリフォームと太陽光発電設置、11/9には足場を設置したはいいものの雨や強風など悪天候が続いて、塗装作業がなかなか進まなかった。とはいえ十分な期間の余裕を持たせていたので予定通りに終わりそうではある。

001


築25年で風化が進んで、太陽熱温水器も痛んでいたので、温水器は撤去、屋根は念入りに塗装。新品のごとくつややかになった。

029
屋根の面積を生かせるコーナーモジュールを使って4kW強を設置する。

一日目は南、西、東面に金具付けを行った。

12/3

044

二日目には太陽電池が取り付いた。

12/5

2042

いつもなら屋根工事と電気工事を同時に行うのだけど、今回は別の1日で行った。
リフォーム(屋根と外壁塗装)もこの日に終了。
足場は週末にはずし、太陽光発電所の稼動は来週頭だ。

 

| | コメント (0)

晩秋の収穫

11/21

20131121_142616
大豆を収穫する。肥料の残りすぎだったり、カメムシに食われすぎだったりして散々な様子。

20131121_142624
まだ採取し始めだが、色も良くないし、収量も望めないだろう。味噌数百gくらい作れればよいのだが、それも難しいだろうか。

20131121_145058
かつお菜の苗が多少は育ったので植えつける。
虫がつかないか細かく監視せねば。

20131121_155745

8月下旬に植えた紅あずまを収穫。育成期間は3か月未満。たしかに寂しい感じだ。でも葉が枯れてきているし、これ以上は育たないだろう。

20131121_161335

11/19収穫の鳴門金時の葉っぱを炒め物で食べてみた。わりかし食べられるので驚いた。来年は葉っぱ収穫用の芋を育てても良いかもしれない。

| | コメント (0)

出張から戻って

11/19
畑を久しぶりに見ると

20131119_145926

20131119_145934
皇帝ダリアが咲き始めていたのはいいけど、昨日の冷たい風に元気がない感じだ。枝も倒れかけている。

20131119_151114

 

上の畑の奥側、恐らく8月上旬につる先を植えた鳴門金時を収穫。

育成期間は3か月ちょっと過ぎくらいで短い。

20131119_161900

3株で1.52kgはちょっと寂しいかな。それでも芋が痛むよりはいいだろう。

20131119_160817
ジャンボにんにくは順調に葉を伸ばしていた。土地にあった作物ということだろうか。

20131119_160825
秋じゃがは、まあ寂しい感じを継続中。獲れないことはないだろう。

20131119_160916
そして、見にくいが、行者にんにくの芽がちょっとばかり顔を覗かせた。本格的に伸びてくるのは12月に入ってからだろう。

| | コメント (0)

備忘録

11/12

20131112_122451


滋賀出張中に、知る人ぞ知るB級グルメのスヤキを食べる。香ばしく焼けた麺にソースと胡椒をかけると、まあ焼きそばに近い味にはなるのだけど、香りが良いので食が進む。

20131117_073539
シャープの三重工場。助手席で嫁に写してもらった。壁面は恐らく太陽電池ウォールになっているのだろう。

 

| | コメント (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »