« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

ギンカクラゲ

7/23 
勝浦のほうに整体を受けに行ったら、海がすぐ近くというので、

20130723_164144

年毛神社の脇の小道を進むと、防風林を抜けて

20130723_163907

砂浜が広がっている。漂着物や防風林以外の人工物が少なくて視界がとても広い。

20130723_163647

海際にコインに青い毛が生えたような生物がたくさん漂着していた。なかなかに綺麗だが、クラゲのようでもあり触るのはやめておいた。

帰って調べるとギンカクラゲといって、ヒドロ虫の群体らしい。つまり多くの生物が集まって一つの生物のごとき形をなしているということ。
このクラゲに似た群体から新たに小さな個別のクラゲが産まれて放出されるらしい。

| | コメント (0)

カボチャの出来

7/19

20130719_192507

サマーナイトインふくつには自家製のカボチャを使った。7/6収穫で、約2週間の熟成期間だったけど、その前にフライングで食べた熟成期間4~5日のものより粉っぽくなく、甘く、十分に食べる甲斐があるものになった。

| | コメント (0)

ヤングコーン

7/23

20130721_104829


ヤングコーンを収穫。煮ても焼いてもよし。
20130721_105123

| | コメント (0)

カレー屋アースノート

7/21

20130720_190745

サマーナイトinふくつが開催。カレーのお店アースノートとして出店した。

20130720_185324

うちの菜園で取れた無農薬野菜をふんだんに使ったトッピングカレーだ。
6時くらいから始まり、最初はみんなかき氷や夜店らしい食べ物を楽しむのか、しばらくはなかなか売れない時間が続いた。

7時じくらいからお客様が急に増えて、予定の20食を完売!

もうすぐ2歳で元気な姪っ子が時々脱走するのを追いかけたりで大変だったけど、保健所への申請も含めていろいろと新しい経験になって面白かった。

20130720_203648

まかない。とれたてオクラはやわらかで甘く、カボチャもほどよく熟成している。玉ねぎもうまく甘味を引き出せたようだ。姪っ子はエビが気に入ったらしい。何個食べたやら。

| | コメント (0)

紫蘇茶

7/17

20130717_101119

田主丸での草取りの副産物である紫蘇を乾かす。結局屋内で2日間ほど日陰干しとなったが、しわしわになった。

フライパンで焙煎すると部屋中に紫蘇の香が充満した。飲んでみると、それほど癖もなくお茶として楽しむことが出来た。野良の紫蘇が生えたらまた作ってみようかな。

7/18

20130718_004627_2

スイカ3個目を開く。採り頃から数日多かったからか、中身に割れが多かった。でも味は全く問題ない。美味しいスイカは飽きることがない。

| | コメント (0)

大島

7/17

2014

ふと思い立って大島に出発。嫁は初めてらしい。

神湊(こうのみなと)から大島まで、船が波に乗り跳ねるのが面白い。10分くらいであっという間に大島に着く。

島内はレンタル自転車で移動。

2020_small
宗像大社の中津宮、ご神木がなかなかに可哀想な感じになっている。落雷を受けたのか、枝を台風にほとんど飛ばされたか。

2021_small
島内の狭い路地をくぐっていくのはなかなかに面白い。今回は自転車だからなおさら。

2022_small

大汗をかきながら北岸に移動。結構途中の勾配はきつい。
やはり綺麗な海である。思いのほか凪いでいる。

2023_small

そして、48km先にあるという沖ノ島があっさり見えてしまった。以前来たときはなかなか見つからなかったのだが。この島には宗像大社の沖津宮があるそうな。

2026_small

南下してビーチに向かう。小島は夢の小夜島といい、古い和歌にも詠まれているらしい。
古賀から来たらしい小学生がたくさん海で遊んでいた。このビーチは湖面と見紛うほど穏やかだ。かなり遠浅で、ちょっと深くなると岩がごろごろなので泳ぐのにはちょっと不向きだった(行ったときに潮が引いていたのかもしれないが)。小島の岩肌に貼りついた貝や砂浜の小フグ、ちっちゃなメゴチなんかを見ながら戯れた。

まだ夏休み前なので混雑で悩むこともなかったけど、8月になると結構賑やかなのだろうな。

| | コメント (0)

行者にんにく畑草取りほか

7/14

20130714_142826

田主丸の行者にんにく畑。雑草しか見えない。

20130714_1539012

つる草が多かったのでとってみると大きな株たちが残っていた。大きくなりそうな雑草だけとって、あとは雑草に覆わせて湿度を保てば、結構長く葉っぱが残るのかな。

沢山生えていた紫蘇を持ち帰って紫蘇茶をつくってみることにした。あと間違えて抜けてしまった行者にんにくの葉っぱは焼き肉のたれと混ぜて夕食の焼き肉に使った。旬の葉っぱでなくても、たれの味が結構パンチのきいたものになった。

7/15

20130715_063835
だいずの芽は順調に出てきている。撒いた次の日には地面が割れていたという成長っぷり。

20130715_063855
黒豆もようやく土を割ってきた。品種によって勢いがこうも違うのか。

20130715_072904

おくらの花が沢山咲いている。綺麗だけどアッという間に落ちてしまう。これで受粉出来るのか、というくらいに早い。

| | コメント (0)

すいか3つ目

7/14

20130714_064144
次世代のスイカが育ちつつある。6月25日前後に受粉させたものだと思う。そうすると+40日で8月5日ころが収穫時期だろうか。あと3~4個は実りそうだ。

7/16

20130716_070306_2

最初に出来たスイカのうち3つ目を収穫。6.8kgはずしりと重たい。

ここまで7.1kg、6.44kg、6.8kgとなかなかの好成績だった。ここまででわかったのが、

・やはり複数苗だと受粉が良好。3株あると融通が利いてよい。

・接ぎ木の苗だった。これが功をそうしたかどうかは分からないが、根っこがしっかり働いてくれたのは確かだろう。

・特に摘心とかはやらなくてもよさそうだ(家庭菜園レベルでは)

・葉は思ったよりは広がらなかったのだが十分に実が大きくなった。植え付け時の施肥とその後の水のコントロールが功を奏したのだろう。途中の施肥はほぼしていない。

・朝6時半ころだとおしべの花粉がたっぷりあって、かつ柔らかいのでつけやすい。

・梅雨の時期におしべが湿って受粉しきれなかった。濡れないような対策が必要だろうか。またはその時期は諦めて、梅雨明けから第二弾を受粉すると割り切っても良いのかもしれない。

・小玉くらいに育ったのに腐ったスイカがあった。途中で急に成長が止まった玉は期待薄。

・収穫前2週間ほど雨続きで水っぽくなったかと思ったらそうでもなかった。一番大きく成長していた時期になかなか雨が降らなかったので、そこで甘味を凝縮出来たのかもしれない。

・中の身が割れていても味が悪いことはない(むしろ一番良かった)

・3~4日間で熟成がぐいっと進むような感もあるので、収穫時期が早すぎるというのはあまりよろしくない。1週間くらい遅れるのはまだOKのようだ。

・カラスは野菜の熟れ具合を判別できる目を持っているようだ

| | コメント (0)

梅雨明けの積乱雲

7/13

20130713_144002

母方の実家、昭和27年に建てられた古い家だが子供のころから慣れ親しんでいて、自分の田舎みたいなものだった。しかし一人で住んでいた親戚が引っ越し、売却するということなので、不要な家具をいくつか引き取りに行った。

その帰り、佐賀平野ではどの方向にもぐいぐいと積乱雲が発達していた。雲フェチの自分にとっては行幸である。車を止めて写真を撮りまくったが、スマホのカメラなのでこの感動がミリも伝わらないだろうことは残念でである。

20130713_144026
バイクをレンタルして一人撮影旅行に出かけようかな。

| | コメント (0)

夏野菜たち

7/12

20130712_150523


オクラの葉がしっかりしてきた。そろそろ花が咲き始めるぞ。

20130712_150531

いつの間にか花が咲いていて、一番下は新しいオクラになっている。

20130711_174319

カボチャの雌花も最近多い。毎日受粉に忙しい。


2042
カボチャが順調にストックされていく。収穫して2日目のものを食べたら甘味が足りなかったので、熟成はちゃんとやらないといけないな。

20130713_181434

昨年育てた芋の名残が畑の端で育っていた。ちゃんとした大きな芋で作らないとあまり大きくなってはくれないのだな。これからははぐれ芋には期待しないようにしよう。






| | コメント (0)

すいか2つ目

7/11

20130711_173625

前回カラスにつつかれたので、ネットをかけ枯草で覆っていたスイカ、1回目の収穫がおすそ分けを含めて早々に無くなりそうなので収穫することに。

前回の7.1kgよりは小さ目の6.44kg。

7/13

20130713_084257

連休に田舎に戻る嫁が友人たちへのお土産に持っていた残りを昼間食べたのだが、これがすごく甘く瑞々しい。新鮮さと糖度がとても良いバランスだった。
今回の収穫タイミングは、調べておいたベスト収穫タイミング+1日という絶好のものとなった。途中梅雨になったけど、それ以外は水を抑えて育てた。整枝はやらなかったものの、理詰めで作るとそれなりに良く出来るのだなあ。

あと一玉大きいのが残っているので、これも楽しみだ。今度はたっぷり食べよう。

| | コメント (0)

かぼちゃ2つ目



7/9

20130709_1811092

2つ目のかぼちゃは2.6kg!前回の2.24kgより一回り大きい。

ガンガン自給率がたかまるぞ。

20130709_070400
上のトウモロコシは、雄花も雌花も紫がかって綺麗である。

これが最初の雌花のひげ。

| | コメント (0)

DC扇風機

10数年使っていた扇風機を、今年も使おうと取り出し組み立てていたら羽を押さえるプラスチック部品が破損した。

瞬間接着剤での補修も難しいようだ。

ということで去年から気になっていたDCモーター扇風機を買うことにした。
従来の扇風機に対して数分の1に電気を節約できる、といのが売りである。

旧来のACモータの扇風機のほうが回路が簡単ではあるのだが、風速の調整機構などが無駄にエネルギーを食ってしまうため、風力を抑えても電力の節減に限界があった。

近年DCモーターの技術が進み耐久力が増したことと、3.11後の節電意識向上から技術開発が促進されて、ようやく一般的な製品として市販化が進むようになってきたのだ。

いくつかのメーカから販売されているけど、各メーカの資料を見ているとどうも高級・付加価値のある製品として作られているようで、蓄電池を備えてコードレスで涼める製品すらある。でも個人的にはエネルギーが少なくて、邪魔な機能が付いてないものが良い。

ということで、T社の最もシンプルな製品を購入した。T社は残念ながら原子力ムラの代表的企業なのだけど、電気使用を減らすという意味から今回は目をつぶることにして購入。リモコンもついていないし、首ふりもへんな音を出さないし、最少電力は実測で2W程度となかなか良い物だった。

扇風機ではリズム風というモードがあって、これは適度に風速に強弱をつけてくれるためある程度涼しくしながら、かつ体温の低下しすぎを防いでくれるので結構利用価値のある機能だと思う。とはいえ風速を増減しているということは加速に用いるエネルギー、減速時に捨てるエネルギーがあるので無駄が発生する。
DC扇風機はバッテリーとの親和性が高いので、風速を減らす際に回生ブレーキのようにしてバッテリーかコンデンサに電気をためて、次の加速にそれを利用すれば電気使用量は全体として減らせそうである。
とはいえその機構を付けて通常時のエネルギー効率が減ってしまうのでは意味がない。将来この機能が使われるようになる確率はそれほどないかなあ。

| | コメント (0)

スイカまつり

7/8

畑に行く途中の道すがら、カラスが電柱に3匹とまっていたのでいやな予感がして追いやった。

そして大豆を植える作業を行って、先のカラスが気になっていたのでスイカを見ると、

20130708_180609


ちょっとやられていた(泣)

これは収穫せねばならぬ。

20130708_1806192
ずっしりと重たい。去年の姪っ子1歳児くらい重たい。
ビニール袋に入れて持ち帰る自分、ヒーヒーと泣き言を漏らさずにはいられないくらいの重さ。

持ち帰って重さを測ると7.1kg。そりゃ重いわけだ。7~9kgが大玉のランクに入るらしい。

20130708_193919

あまり大きな包丁がないのでちょっとずれてしまった。
もう少し置いておけば回りの白い部分がもうちょっと赤くなったかもしれない。
とはいえ甘味もあるし特に問題はない。

各所におすそ分けしても十分に残っているぞ。あと大玉が2個が続く。大忙しだな。

スイカの重さを体重計を使って測った時についでに体重を測ると、最近の平均より3kgは軽い。どういうことだ?猛暑だからって、体から3kg蒸発なんてただ事じゃないねえ。

| | コメント (0)

大豆をさらに植える

7/8

20130708_170711

関東では梅雨があけたらしく、こちらでもかなり温度が高くなっていた。たぶん35℃くらじゃないかな。

あまり時間の余裕もないので、残った上の畑のスペースに大豆を蒔いた。

黒いのは「丹波献上黒大豆」、45粒。正月の黒豆に使える。枝豆にしてもおいしいらしい。枝豆は10月、黒豆としては11月に収穫。肥料不要。

20130708_1728562

白いのは晩成白大豆。いわゆる大豆として、11月に収穫。中耕、土寄せを1~2回は行う。

20130708_175751


耕してしばらく放置していた場所を再び耕す。夕方とはいえとんでもなく暑く、木陰で休みをとりながらの作業。

| | コメント (0)

海だー

7/7

20130707_110847

天気では雨60%くらいだったけど、なんだかんだで晴れ間が多い。ということで
姪っ子のお守りを兼ねて近くの海に。

20130707_112431

結構な人が遊びに来ていた。遠くにはヨットの群れが風を受けていたり、なかなかの夏気分だ。
波打ち際には小さな二枚貝がいて、波に洗われて露出したら、二枚貝と思えないスピードで砂に潜るのを繰り返している。

20130707_112436


嫁と姪ちゃんが遊んでいる間にこっちはしっかり海につかる。表層はあったかいけど下側はまだちょっと冷たい感じだ。

| | コメント (0)

ピーマン発芽

7/6

20130706_173538
ピーマンが発芽。しかしおもったより双葉が大きくて愛嬌がある。

先日とんでもない豪雨に見舞われたものだから、あのたよりない種が雨に流れて、まともに植えた所から発芽したものはないのじゃないかな。溝の中とか変なところばっかりで発芽。

| | コメント (0)

カボチャ初収穫。

7/6

20130706_1347092

茎部分が枯れてきた感じなので、今年はじめてのカボチャを収穫。まだちょっと綺麗すぎるかな。

20130706_135403
2.24kg。なかなかのものだ。これで一週間弱分はありそう。

続々とカボチャは収穫できそうなので、しばらくは楽しみが続く。

カボチャは2~3週間室内で寝かせて熟成させる。

昨年はまともに育たなかったので、初めてまともなカボチャが出来たということになる。感慨深いなあ。

| | コメント (0)

カリカリほくほくの玉ねぎフライ

7/4

20130704_123945

見栄えはよくないが、カレー用トッピングの試作。
カリカリほくほくの玉ねぎフライ。カリカリのみはちょっと難しそうだけど、これは甘くておいしい上に香ばしい感もある。輪っかに切ってフライすると形としては面白いけど味的には縦に切った方が良いのではないか。

| | コメント (0)

キュウリ

7/4

20130704_065913

今年初のキュウリ。今年はスロースターターだなあ。
でもなかなか立派に育った。

| | コメント (0)

我らがとうもろこし

7/3

20130703_070333

ようやく上のとうもろこしの花が咲き始めた。ムシにちょっとやられて綺麗な感じじゃないけど。下の畑のスイートコーンとはずいぶん花の雰囲気が違う。
しかし、まだ雌花の影すら見えない。

| | コメント (0)

ラピュタファーム

6/30

20130630_124903
特定健診の日。バリウムを飲んでの胃カメラ撮影は相変わらず苦手である。

ちょっと時間が出来たので川崎町のラピュタファームに嫁と行く。

自然食レストランだが結構美味しいので、とんでもなく辺鄙な場所にあるのだが休日は1時間待ちになったりする。

20130630_134539

梅雨だからか大きなキノコが近くに生えていた。


| | コメント (0)

ピーマン

6/29

20130629_113122

豆類の収穫の終わったひと区画に今更ながらピーマンを植える。

ピーマンば肉詰めが旨いよなあ。そして炒めるだけでもいい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

津屋崎

津屋崎と福間が合併して数年たち、福間駅から3号線側の田んぼがURに埋め立てられて新しく住宅街が出来つつある。イオン福津では、まあこじゃれた物も市外に行かず買えるようにはなった、が、こういう変化は別にどうということはない。

それよりも旧津屋崎だが、元の町役場であり、今は津屋崎支所となっている建物、屋根の劣化がかなり進んでいる。自分みたいな屋根関連業者でなくともわかる錆具合ではないだろうか。

なじみの床屋さんは、古くから親しまれているラーメン屋が廃業してしまったり、津屋崎の過疎化はとどまるところを知らない、これで水産高校が廃止されるようなことにでもなればバスもなくなってどうしようもなくなる、と心配していた。高校がどうこうなるということは聞かないけど、バスの便が少なくなるのは困る。

とはいえ、徐々にだけど津屋崎にも新しい風が吹いているのかもしれない。

津屋崎ブランチさん
http://1000gen.com/

ががんばっていることも関係しているのだろうか、アーティストの方が移り住んだり、小さなカフェやパン屋などがあちこちに出来たりしている。どれもお金を使わずに、その場にある風情を生かした形になっている。
こういうのは、ある一定の数が集まってくると相乗効果が表れてくるものだと思う。糸島に自然農をやりたい人が集まったように、海辺でくつろいだりお茶飲んだり思索したりする、ゆっくりした時間を過ごせるメッカになる可能性はあるのでないか。

町のにぎわいとは余り連係していないけど、津屋崎にはボートや船を貸すところがあって、最近は釣り船が津屋崎千軒あたりの海に沢山出ている。キス釣りとかだろうか。
そして水産高校から内海を隔てた対岸にはマリナーがある。
このあたりをうまく連係出来ると面白いのだろうけど。

| | コメント (0)

カレーなる私

7/4

夏といえばカレーですな。

ということで、7/20(土) サマーナイトinふくつで「カレーのお店アースノート」をやることになりました。

・商工会から何か出店しないか、と連絡が郵便で来る

・今年は嫁も嫁姉もいるし何かやったら面白いかな~

・夏祭りで暑いし冷たいデザート類をやったらいいかな、ということになる

・保健所に書類を出さないといけないということで調べると、臨時出店の場合、直前に加熱調理したものでないと駄目らしい(冷たい系は無理)

・再考し、出店可能なものに挙げられていたカレーなら出来そう、ということで保険所に書類提出

という感じです。

公衆衛生的に加熱したものでないと危険というのはわかるけど、結構出来ることは制限されるのだなあ。それでイベントや夜店の食べ物は型通りのものばっかりになるのか。

概ね地元でとれる夏野菜を使用したベジタブルな一品になる予定です。インゲン、(プチ)トマト、オクラ、ジャガイモあたりは自分ちの畑で採れた無農薬のものを使えるのではないかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ノルスタジー

6/29

Photo

去年から作り始めて、基板まで作ったものの制御プログラム作成を放置していた装置、久しぶりにプログラムを再開した。

プログラムは1から始めるのでなく、以前作ったものをひな形とするのだが、そのひな形(独立電源の測定関連機器)を改めて見るとすごく手の込んだもので、我ながら頑張っていたのだなと、ほろりと来た。確かこれの原型を作った頃、半年くらいオフィスに籠って唸ってばかりいたような気がする。
自分のフトコロを温かくする程の利益は出せなかったものの、この時のソフトでさまざまな事に挑戦することが出来た。今度の装置も誰かが楽しんでくれると良いが。

| | コメント (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »