« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

じゃがいも、にんじん、たまねぎ

5/21~22

20130521_174734_2

じゃがいもの花がひと段落した。葉の成長もほぼ止まっている。

ここからは茎が倒れ、ニジュウヤホシテントウやネキリムシの被害にあいつつも残りの3週間出来る限り芋を太らせるという工程に入る。


20130522_091337
種取用の人参の花が咲いた。良く見るとゴマ粒程度の甲虫が花の上をうろちょろしている。どこからやってきたのだろう。受粉を助けてくれているといいのだけど。

001r

花が豊富にあるので一部は天ぷら用になった。なんとなく人参の香りがするのが面白い。

嫁が主に育てた玉ねぎも玉が太り、葉も倒れてきて収穫が近い。そのうち自前の野菜だけでカレーが作れるだろう。楽しみである。あとは肉だけだが。。。カエル?

| | コメント (0)

風車工事2

5/18

北九州の風車をいよいよ建てる。

2025
ポールを釣り、穴に落とし込んで、根かせを固定して土を埋戻し、まっすぐになるように微調整。配管ルートと合わせてアスファルトを再び打つ。

2035

風車を釣り上げて据え付ける。

2041

うまいところ据え付けられた。

ポールのタッチアップペイントを行いこの日は終了。

5/19

20130519_190201

ポールに配管を取り付け、線通し。地中に配管を埋めているので線を通すのは結構苦労した。機器の取り付け、屋根裏配線、結線など行いこの日は終了。

5/20

20130520_130519

テレビ局の取材を受けた。九州では、小型風車の連系は初めてのケース。

数日後

夕方のローカルニュースで2~3分ほど放映された。ひとまずは成果をアピールできたかな。

| | コメント (0)

オクラ

5/26

自分で作るようになってオクラが大好物になった。しおれたようなものを買うのがあほらしくなるくらい美味しい。

20130525_091405

ということで上の畑に種を植えた。嫁が友人からもらってきたものらしい。

10本くらい育つと、ピーク時は食べ放題になるのではないかな。楽しみだ。オリーブオイルと塩で和えるぞ。

20130526_091923

カボチャはようやく葉もしっかりしてきた。ウリハムシを100~200匹は潰してきた甲斐があった。しかし、油断していたら、葉の内側あたりが大きく食われてしまった。これはウリハムシどころではない。

調べてみるとウリキンウワバという青虫で、葉に穴が開いた縁に、まるでささくれのように擬態していた。これも全部捕虫。全くもって気が抜けないなあ。

20130526_091948

スイカもつるが伸び、花も咲き始めた。プロはここで整枝をするようだけど、まあアマチュアなので伸ばし放題にして、受粉だけ手伝おうと思っている。

20130527_083817

上の畑の人参もやっと芽をだしたぞ。先に作ったのは形は悪かったけどとんでもなく美味しかった。今回もうまく出来ると良いが。

| | コメント (0)

県庁

5/17

福岡県庁にちょっとした手続きに行く。

20130517_114841

昼なので食堂に行く。福岡市市役所の食堂は最高階にあって眺めもよかったけど、こちらは地下1Fにあって施設も古い感じだ。実用上は問題ないけど。
知り合いが県庁に勤めていたはずだが、今でもいるのだろうか、などと思いながらカレーの券を買う。

味は普通なのだが、「カレーホット」なるラー油みたいな液体が受取カウンターに置いてあって、入れてみると丁度良い具合に辛みが増した。これは便利そう。でも学生時代の生協にこんなのあったかなあ?あったら間違いなく使っているはずだが。

| | コメント (0)

カエル

5/17

20130517_100022

畑には結構カエルがいる。去年はほとんどいなかったと思う。おたまじゃくしが住めるような田んぼも若干遠いのに、どこから来ているのだろう。

ともあれ、草の下から虫をねらっているのを時々見る。ウリハムシをつぶしていたら、ちょうど下でカエルが狙っていたものだったらしく、申し訳なくも思ったりした。

前年より虫が少な目に感じるのは彼らの活躍のおかげだろうか。彼らのほかに、小さなトカゲ、スズメバチ、あとはナナホシテントウが除虫を手伝ってくれている。カマキリは去年はいたけど今年は見かけない。

| | コメント (0)

じゃがいもの花

5/16

20130516_100510

20130512_182955

じゃがいもの花は実をつけるわけではない形ばかりのものだけど、よくぞ育ってくれたと感慨もひとしお。ニジュウヤホシテントウを何匹退治しだだろうか。

| | コメント (0)

さつま芋の受難

5/10

20130510_174819


先に隣町にさつま芋を植えてみてはみたものの、さすがに全く手入れ出来ないのはまずいということで、上の畑にさらに畝を作る。最初からこうしておけば良いものを。。草を刈って土を起こし、畝っぽく盛るだけで、実質半日以上はかかった。それにしても暑い。

20130510_174829

苗を買ってから半月以上は経っただろうか。乾燥させすぎたり、植え替えたりとあまりの仕打ちに、復活出来るかわからないほど枯れた苗もある。さつま芋の生命力に期待するしかない。

| | コメント (0)

ホタル

5/16

近くのホタルスポットにホタルがちらちら見えだした。

去年は市内の公設「ほたるの里」に行って、ホタルより人が多い有様だったので、
近くでひっそりと楽しもうかな。

| | コメント (0)

風車工事

5/11(土)

北九州市にて、久しぶりの風車の工事。今回は1kW未満小型風車での連系という特殊工事で、九州では初めてのようだ。

007
電柱の搬入。普通の電柱だが鉄筋を多く配した特注品。埋め込み前で12mもありかなり迫力がある。

この日は電柱、配管ルートの掘削とパワコンなどの仮取付。

20130512_162710

012r

5/12(日)

人を多くして掘削配管。かなり固めに転圧されたところがあったり、既設配管を壊さないように探りながら掘削する必要があったりと大変だったが、予定通りに終了。

来週末はいよいよ電柱を建てて風車を据え付ける。

| | コメント (0)

行者にんにく草取り

5/6

20130506_161607

Wさん宅の行者にんにくスペースで恒例の草取り。狭いスペースだけどゆうに1時間はかかっただろうか。5年目くらいに突入しているので、1年目か2年目の若芽が結構出てきていて、しかも雑草のイネ科植物やスギナと間違えて抜いてしまう危険性があるので慎重に慎重に草を取る必要があった。

20130506_162513

ささやかな収穫。とはいえ年ごとにしっかりとした葉が育つようになった。
手折った手には強烈なにんにく類の匂い。

さて、肉と炒めて食べようか。卵とじで食べようか。

若芽もたくさん出てきたことだし、来年以降は本格的に増やせるように考えてみたい。

| | コメント (0)

鹿児島出張

5/7

鹿児島に出張した。九州の端と端といえるほど遠く、通常は泊りがけになるのだけど、さてどうだろう。

20130507_115358

古賀サービスエリアで7:30、Y社長に拾ってもらい、3時間半ほどで国分ICに到達し下道に。あとは1時間ほど、山地を抜けるルートで出張先に向かう。
煙った感じだが快晴である。新緑から初夏の風情に移りつつある山並みはとても美しい。

お客さんとの打合せは実のあるものだったが、次の約束があるとのことであっという間に終わった。どうやら泊りがけにならずに済みそうだ。

来た道と逆ルートで古賀サービスエリア(朝の反対側)に到着。18:30に戻れたのはこれまでにない早さであった。

| | コメント (0)

カチガラスの真実

5/6

20130506_094300


朝、畑に水を撒きに行くと、上の畑の、畝に雑草を敷いたあたりに2羽のカチガラスが来ていた。
カチガラスは、佐賀から福岡にかけて多く生息するカラスの一種で、カササギという名前が正式のようだ。腹と翼の先が白いのが特徴である。

一度追ったら、近くの高い木側に飛んでいった。そのあたりに巣があるのだろうか。
じゃがいもについたニジュウヤホシテントウをつぶしたりして、もう一度上の畑にいくとまた来ていた。やつら、人間の整備した畝に種があることを感づいてほじくりに来たのだろうか。もう一度追いやった。

巣の材料として雑草のはしきれや竹の皮に興味が出たとか、カエルを追っていたとかの可能性もあるので、もしそうなら可哀想ではあるが、とりあえず最近剪定で落とした桜の枝を畝の上にかぶせておいた。枯枝のような尖ったものは鳥を避ける効果があるそうな。

カチガラスは、佐賀県人だった昔、近くの雑木林に飛んできて、田んぼにつがいで舞い降りて遊んでいる?のをよく見かけることがあり、ほほえましいと思っていたが、農家にとっては要注意の相手なのだと、ずいぶんたった今判ることになった。

| | コメント (0)

人参、さつまいも

5/5

子供の日だ。元気に行こう。

午前の作業
20130505_090925

下の畑。じゃがいもは成長が早い。花芽らしきものも出来ている。
あと1週間くらいしたら土寄せしたほうがよさそう。

20130505_152719

上の畑。仮に5畝としてつくっておいた1区画、ちょっと1つの畝が細すぎて、4畝に作り直す。土を寄せ直すのも大変だけど、粗く土起こししてしばらく放置していたため、土の固めのブロックがごろごろという状態で、それを崩すのが結構面倒だった。

20130505_153800
結局土を寄せ直し、1つだけ畝を綺麗にして、そこに人参の種を植えて今日は終了。

午後。食事後の昼寝、夫婦で寝過ごし、あわてて隣町に借りた農地へ向かう。

20130505_162151
阿呆のように広い土地の隅っこに、とりあえずさつまいもを計20本植える。有難いことに、土地の持ち主の方に細かく崩して均してもらったようだ。これを畝っぽく寄せれば形になりそうだ。さつまいもなので気を使うことはないだろう。

20130505_173447
息を切らしつつ2畝を寄せる。快晴で暑く、重たい鍬を持ってふらふらしながらの仕事。

隣にため池があるので、バケツにロープを結び付けて汲み、じょうろで苗に水をかける。
池では悪名高きブルーギルと、あと大きな錦鯉が泳いでいる。そして水草が見事に繁殖している。

ふとパンパンと手を鳴らす音が聞こえ、見るとご年配のご婦人が餌のようなものを撒いている。鯉や他の魚が集まって、水面で口をパクパクしている。

この間この池には、ルアーフィッシングをしに数人来ていた。たまたまだろうが、ここでは需要に対して供給が行われているようである。

| | コメント (0)

太陽熱の新プロジェクト!

さて、アースノートでは、熱関連のちょっとした取組みについて、出来るだけリアルタイムに情報公開していきます。

ベランダで飲料や調理に使う水をプレヒートする装置を提案してみます。
太陽熱温水器、というのも仰々しいので、
一般名称は、「ヒートボックス」ということにしましょう。
原型の写真ですが、

002

ベランダの片隅にボックスを置いて

007
やかんの水を温めます。

それだけです。なのですが、、、、

結構楽しいです!!うちでは、天気の日はいつも活躍してくれます。

創意工夫が好きな方、生活の中のひと手間を楽しめる方ならば、生活の友に出来るかもしれません。

ブログ「ヒートボックスと私」 

http://heatbox.air-nifty.com/blog/

WEBページ(5/5時点では空ページですが、関連情報を掲載する予定)

http://www.heatbox.info/

| | コメント (0)

とうもろこし、スイカ、カボチャを植える

5/4

20130504_100001
さて、上の畑にとうもろこしを植えるぞ。

黄もち玉蜀黍は在来種ということ。今回の用途(ソーラークッキングに主に使う)に合うかはわからないが、焼いて醤油掛けてというのにベストマッチングではないだろうな。
最近のスイートコーンは甘すぎるので、丁度よい甘さになってくれればよいのだが。

ひとまず仮の畝を作っておいたのだが、とうもろこしの間に枝豆を巻くということで畝の寸法調整に汗を流す。

20130504_144259

20130504_153606

蒔いたら草を掛ける。乾燥防止とカラス避けといった感じ。

20130504_171207
8月頭収穫分の準備が出来た。あと2回はタイミングを分けて植える予定。

20130504_171213
そしてカボチャも植える。

20130504_171228


スイカも植える。
前年の反省をもとに、カボチャは4株、スイカは3株植える。

20130504_171242

今日の作業終わり。
広い場所にきちんと畝を作っての作業は初めだ。
あとは、人参、トマト、おくらなどを植える。
今年の夏も多いに楽しめそうだ。

| | コメント (0)

角島

5/2

連休のお出かけ。夕方より出発

016

一泊は川棚温泉にて。定番の瓦そば。
食事は文句なしだったけど、ちょいベッドのスプリングが硬かった。

5/3

036_small

天気は快晴とはいかなかったけど、十分な天気といえるだろう。角島大橋も混んだ様子はない。
046r

ヒャッホウ!

049_small

定番の角島灯台へ。明治9年初点灯とは、まさに歴史的建造物だ。

059r

眺望はかなりのもの。眺めているとモーターパラグライダーが飛んできて灯台近くを旋回していった。
公園の海岸は漂着物が多くてちょいげんなり。GW前に清掃しておけばいいのに。

食事はこの近くの店にしたが、さすがGW,待ち時間が結構なことになった。
帰りに途中のビーチに寄りたかったものの、その時間にはとんでもなく交通量が増していて諦めて、牧崎風の公園へ。

089r
近くの放牧場らしき所に牛はいなくて残念だったが、建物など余計なものがなくスカッと空、海、草原、波しぶきを望むことが出来て気持ち良いところ。

105r
先のモーターパラグライダーはここから出発していたようだ。

107r

戻りの橋は相当に混んでいた。これはさすがに回避できない。橋を出ると特に混雑もなかった。

全体としては混雑を比較的回避できた旅だった。海の透明度はすばらしく、海水浴時期も楽しいだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネキリムシ襲来

5/1

とうとうじゃがいもにネキリムシの被害第一号が発生。切り倒された株の根本の土中に隠れた1匹を駆除した。まるまると肥えた老齢幼虫だった。

トイレ紙芯で保護してはいたものの完璧とはいかない。垂れた葉から登って茎に降りられる可能性もある。
去年のようにアルミ箔を用意すべきか否か?

畑に生える雑草について調べる。まだまだ多いと思うが割愛。

オヒシバ(イネ科で、引き抜くのがとても堅い。踏まれるような所にも生える)

メヒシバ(オヒシバよりもかなり軟弱な感じ)

オオバコ(多くはないがコンスタントに生える)

センダングサ(キク科、実は引っ付き虫としてかなり迷惑)

ヤエムグラ(水草のような外観、葉がざらざらして服に引っかかる)

ヨモギ(密集して生えやすい 斜面や道の端に多いように見受けられる)

カラスノエンドウ(繁殖力が強いし、この時期敷地や生け垣をあっという間に覆う)

ノゲシ(キク科、アザミに似るが黄色い花、折ると白い汁)

スベリヒユ(グランドカバー、それほど広くはびこらない、肉厚の葉、ゆでて食べる)

ホトケノザ

ネズミムギ(イタリアングラス、背が高くなる、路傍に生えると車通行の邪魔!)

セイタカアワダチソウ

カラスムギ(抜くのは難儀ではないが結構多く生える)

オオイヌノフグリ

ヒメムカシヨモギ(なめてかかるとドーンと背丈なみに大きくなる)

カタバミ

ヒメジョオン(踏まれない平地に多い)

ナガミヒナゲシ(主に路端に可憐な花を咲かせる。地元には妙に多い)

| | コメント (0)

連休

4/27

連休が始まった。

20130427_150414

アン・サリーさんコンサート(写真は公演前ステージ)。タナボタで行ってきたのだけど、\2,000では申し訳ないくらい良い音楽でした。
嫁は限定CD、自分はピアニスト氏のCDを購入。

4/28

20130428_120142

近くでイタリア人と日本人の夫婦が営んでいる農園で、ピザやパエリアが食べられるとのことでのこのこと付いていった。
今回特別に来ているらしいピザ移動販売車には本格的なピザ窯が搭載されいてるようだ。
20130428_121153_2
ピザは生地が良い塩梅でとても美味しい。

あとは素朴で美味しいイタリア風オムレツ、ナポリの伝統焼き菓子のパスティエラ、その場でじっくり作るパエリアなど。

農場主や来客含め国際色豊かな来客でかなり賑わった。こういう催しがあるとは、地元もなかなか侮れないものである。

結構食べたので腹ごなしに新しい畑をさらに耕す。
午前中に嫁と一緒に草取りをしたので作業しやすくなっている。そして、昨日新しく導入した新兵器を早速使う。

20130428_151036
てこの原理で土おこしが多少楽になる。
この農具だけではうねを作ることはできないので結局は鍬を使うけれど、それでも腰の負担が随分と減らせるのが在り難い。
ここはトウモロコシ、スイカ、カボチャをメインに作るのだ。

| | コメント (0)

信号機の非常用発電機

4/26

北九州にて打ち合わせ。

帰りにとあるインド料理チェーン店に寄りカレーを注文したが、ライスが切れたとのことで仕方なくナンを付けて食べた。結果、自分にはナンは合わないと再確認。

20130426_191504

店をでてすぐの交差点近くで、警察マークがついた変な装置を発見。「この装置は動作中に煙が出ますが故障ではありません」とのこと。

何に使うものか全く想像はつかなかったのだが、調べてみると信号用の非常用発電装置らしい。停電時に燃料で発電した電力を供給するということだろうか。

大きな交差点なので信号機が消えると確かに危なそうである。なるほどと思いつつ、一方で天井がさびて穴が空きそうなのが気になった。この装置、屋根部分に傾斜を作っていないので、煙突を備えた天板部分中央が下に凹み、そこに水がたまり錆が進行しているのだろう。念のため情報提供はしておいたが。。

| | コメント (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »