« 初春の津屋崎は大忙し | トップページ | 本棚に置くのは当然本だな? »

独立電源システム

中々更新できなかったのですが、その一つの理由です。
福岡市内 某邸の離れの独立電源の工事をお手伝い致しておりました。
新築の建物で使用する照明、換気他の電力を自然エネルギーのみで賄います。


09021201

架台は離れの設計士さんが設計されたものです。太陽電池の裏には雨水タンクとしてワイン樽を搭載してあります。風、光、水が一体化した面白いデザインですね。
風車は定格72Wの英国製。住宅地に適した品です。今回の場所は風は抜けるものの
建物にも近く、発電電力は望めないのですが、自然エネルギーのシンボルとして、風向が良い時に廻ってくれればと思います。

太陽電池は153W 2枚。照明の使用時間は1.5時間程度と限られているのでこの程度でも十分な電力が得られます。

09021205
ハイブリッド用表示器を新たに開発しました。壁土と近い色で落ち着いた感じです。
風力発電、太陽電池の発電電力、バッテリー電圧、瞬間最大電力、累計電力量などいろいろな情報を表示します。データの蓄積、読み出しも出来るようにしています。

|

« 初春の津屋崎は大忙し | トップページ | 本棚に置くのは当然本だな? »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「環境」カテゴリの記事

「仕事関連のお知らせ」カテゴリの記事

太陽光発電」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 独立電源システム:

« 初春の津屋崎は大忙し | トップページ | 本棚に置くのは当然本だな? »